注文住宅を建てる段取り

注文住宅を建てるにあたって、一番始めにすることは、情報収集です。
情報収集をするにあたって、はじめに予算をしっかりと把握し、自己資金として用意するお金と、無理なく返済することができる借入金を計算して予算のめどを立てることがまずはじめにとても大切なことです。予算を把握してからは、家のイメージを固めます。


生活シーンを思い描いて、イメージを具体化するためには、住宅誌や情報サイトなどの施行例を参考に希望の間取りや設備を検討します。

埼玉の土地の役立つクチコミ情報をまとめた情報サイトです。

家を作るにおいて重視するポイントを決めておくことでプランを固めやすくなり、インテリアの配置や外観などについてもある程度方向性を決めておくことが大切です。
注文住宅を建てるにあたって、資料などを見て、興味があれば展示場などにも足を運び、工事中や完成した家を見ることができる見学会でも参考になります。

情報収集をして最終的に気に入った建築会社でラフプランと概算見積もりを依頼します。
複数の会社で同じ条件や希望を伝えて見積もりを出してもらい、比較します。

希望の予算でできるか、設備や内装の仕様なども含めて確認します。



見積もりを比較検討して、本設計と本見積もりを作成してもらいます。

契約後の変更は予算オーバーに繋がりやすいので、付帯工事費や諸費用の見積もりももらいます。

説明を受けながら内容と金額をチェックします。
最終的に納得できたら契約を結びます。



住宅ローンの申し込みは、代行してくれるケースが多いですが、借入先や借りる額の返済期間などが入居後の返済負担に影響してくるため、本人が資金計画を立てることも大切です。


注文住宅は希望と予算が交錯しますが、予算からしっかりと決めていくことが大切です。